【1890万件】那覇安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

那覇で小学校の転校手続きについて

2.png転居が決まった場合、子どもがいるなら転校へ向けて手続きが必要となってきますよね。

転校の手続きは、色々と出向かなければいけない上に、必要書類も多数あり戸惑うことも多数出てくると思います。
急ぎの引越しだったりすると、新しい住所が決まっていない時もあり得ますが、事前に準備しておけば楽に転校手続きをとることができるんです。

このサイトでは、子どもを過去に転校させた経験のある私が、時系列順に手続きの必須ポイントをまとめていきます。
 

小学校の転校手続きQ&A

Q.個人的な事情で、転校先の新しい部屋がまだ本決まりしていません。小学校の転校手続きは可能でしょうか。

A.転校と言うのは止むを得ずする場合もあるので、特例で認められるケースがあります。例としては、DVやつきまとい等の被害で住所を変えたいが、まだ確定した住所は決めかねている。特例が認められているため、今すぐ相談しましょう。
そして特認校と呼ばれる小規模校も存在します。遠くの住まいから通ってもいい運営体制です。

Q.小学校の転校手続きをする時、学校や市役所、教育委員会に子どもも同伴した方がいいですか?

A.旧学校は保護者の方だけでやり取りし、関係書類の対応をしましょう。いつのタイミングで、転校することをクラスで伝えるかなど、先生と相談が必要になり、かえって子供がいると話しづらいこともあります。
逆に転校先では先生とお子さん、お互いが知っておきたいでしょうから、一緒の方がいいですね。ただ、何か話しておくことがあれば先生にお伺いし、別席で会いましょう。

那覇の教育委員会
住所:沖縄県那覇市泉崎1-1-1
電話:098-917-3500
 

Q.公立小学校→私立へ転校できますか?

A.転校は可能ですが、通常私学の方が勉強の進捗状況が可能性があります。転校してからしっかりと状況の把握は必要になります。


急な事情には仕方ありませんが、特に市外への転校だと、手続き完了に何日かかかる事が多いです。そして両親とも共働きの場合だと、役所や小学校への書類のやり取りなど休みの日にしかするのが難しく、返事を待つのに1週間なんてなることもあり、うまく進まない事あるようです。

新居に引っ越す1週間前までに転出申請をし、引越しを終えたら二週間までに転入届、同じタイミングで学校への手続きもやってしまわないとなりません。

学用品をそろえたり、時間がかなりあっても足りない!という状況になりそうなので、急を要する場合、小学校の長期休暇のタイミングで行うのがベストと言えますね。

夏や春、冬休み中にゆったりと手続しながら子どもの様子をよく見ておき、ケア・フォローしていくのがいいですね。
kobetete.png