【1890万件】那覇安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

那覇から神戸市の引越し料金相場は?単身・家族の見積り費用が安いコツ!

那覇から神戸市の引越し費用と相場

那覇から神戸市までの距離→ 1614キロメートル
移動距離 単身(荷物:標準) 単身(荷物:多め) 2人家族 4人家族
近距離(20キロ以内) 38,000円 45,000円 49,000円 63,000円
近距離(50キロ以内) 43,000円 47,000円 53,000円 73,000円
長距離(200キロ以内) 60,000円 64,000円 80,000円 96,000円
長距離(300キロ以内) 74,000円 81,000円 113,000円 162,000円
*300キロメートルを超える引越しの場合、100キロ毎に、プラス2万円を目安に考えてください。

引越しに必須!神戸市での転出届や転入届を忘れずに!手続きの住所や電話番号!

名称→神戸市役所
所在地→神戸市中央区加納町6-5-1
電話番号→078-331-8181

神戸市で住みやすい地域は?

作成中

那覇から神戸市の引越し料金を算出するときのポイント

移転を始める時、何円程の費用が生じるかはだいだいの目安は知っておくべきです。だけれど、引越し料金は元々の価格が1万円と決定されていないのです。ですから、引越しの見積り金額が決まっていく詳細を認識することから自身の適切な料金の条件を割り出ししていきましょう。

引越し相場の決定要因

引っ越し価格は荷物の総量、引っ越し先までの距離、季節要因によって価格が非常に異なります。トラックに積む量はひとりで住んでいるかお子さん含めて住んでいるかで相場を見ていきましょう。単身者で引越し荷物の量が少ない場合では2トンより小さい車両1台荷物が多い場合2tトラックを使用。ファミリーの引越し荷物が多くない際には3トンのトラック、荷物の量が多い場合4トントラックの利用になるに違いません。運転距離は短い距離と遠い距離(90キロ未満と90キロ以上)を基準としてなります。引越の行うタイミングについては2と3と4月は見積り金額が倍額と考えてください。祝日や週末に加え六曜の大安においても費用が1.8倍前後高まる確率が高いです。それから、引っ越し時間帯も重要です。朝一番で行う午前便は費用が高くつく確率が高いです。これに対して、時間が変わりやすい午後便は安い確率が高いです。その他には、冷房装置の脱着があるか、3階以上かで追加の見積り金額が生じます。いわゆる追加見積りと言われます。費用の変化が多少あることが多いので留意してください。

引越しで知られていないポイント

(帰り便)を使用可能か。これは、荷物が移動先でまったくない状態になり、元の地点へ戻る時にあらたにトラックに荷物を積んで運ぶというもの。あたり前として、見積り金額が割安なようになっています。次は、混載便を使えるか。おんなじルートで引越しをする予定の方と一緒のトラックで搬入します。こちらの場合も、大変見積り額が低くなる向きがあります。
kobetete.png

関連ページ